絵巻作家。1960年、岡山県生まれ。中央大学理工学部物理学科卒。
大学在学中、寺沢武一氏に師事、寺沢プロダクション制作部長を経て、89年独立。
『三国志』『水滸伝』『戦国武将』などに題材をとり、
時代背景から人物の内面までを鮮明に描ききる、豪快にして繊細な作品は他の追随を許さない。
現代を代表する歴史・武将イラストの第一人者である。

1990年 カラーコミック誌「A-ha」にて、処女作「ルオーの道化師」連載
1994年 第一画集『龍闘野』(トレヴィル)を上梓
1997年 第二画集『絵巻三國志』(光栄)を上梓
1999年 第三画集『絵巻水滸伝 梁山豪傑壱百零八』(グラフィック社)を上梓
2001年 CD-ROM『SUIKODEN-The Chinese Traditional Story』(XSIV)をアメリカで発表
2003年 陳凱歌監督(『さらば、わが愛/霸王別姫』、『始皇帝暗殺』)の2005年公開作品『無極-THE PROMISE 』 で、衣装デザインを担当(2006年日本公開)
2005年 塩田明彦監督作品『どろろ』(2007年公開)でヴィジュアルコンセプトデザインを担当
2006年 第四画集『百花三国志』、愛蔵復刻版『絵巻水滸伝 梁山豪傑壱百零八』を魁星出版より刊行
『無極ー正子公也デザイン画集』をキネマ旬報社より刊行
2007年 『絵巻水滸伝』(森下翠との共著)第一期全十巻刊行
上海大学および中国美術学院にて講演( “中国古典の挿絵と映画における美術デザイン”)
2008年 東京富士美術館「大三国志展」においてビジュアルデザインおよび作品出展。約10ヶ月にわたり東京、福岡、神戸、名古屋他、日本全国7ヶ所で開催。
『絵巻水滸伝』第二部、連載開始。
2009年 中国において画集『百花三国志』、『絵巻水滸伝 梁山豪傑壱百零八』(重慶出版社)刊行。
2010年  iPhone対応の電子書籍「百花三国志 列伝篇」(製作ヘッドウェイ)リリース。
2011年 正子公也作品集 戦国武将絵巻『IAPONIA』(学習研究社)を上梓。
2012年 『絵巻水滸伝』電子版(ブックファン)リリース開始。
2014年 『絵巻水滸伝』電子版・第一期全十巻(ブックファン)リリース。
2015年 『第参回 全国武将隊 天下一決定戦』審査員。
2015〜16年 静岡新聞、山陽新聞等、全国23紙で新聞小説『家康』(作・安部龍太郎)の挿絵を連載。
2016年 「イラストレーション」No,210(玄光社)にて正子公也特集。
岡山県立美術館『伊達政宗と仙台藩』に「伊達政宗屏風 」ほか4作品を出展
ベルギーの日本国大使館にて武将画展を開催(日本・ベルギー友好150周年事業/美作市主催)

2013年〜 各地で「正子公也 戦国武将画展」開催。
2013,3,20〜6,30 岡山県玉野市「たまののミュージアム」にて 「常山の鶴姫と岡山ゆかりの武将たち」
2013,7,20〜8,18 宮城県白石市「白石城天守閣」にて「片倉小十郎と陸奥ゆかりの武将たち」
2013,8,24〜10,27 岡山県高梁市「吉備川上ふれあい漫画美術館」にて「山中鹿之介と岡山ゆかりの武将たち」
2013,12,21〜2014,2,23 滋賀県近江八幡市「安土城郭資料館」にて『信長と安土戦国絵巻』
2014,2,25〜3,9 東京スカイツリータウン・ソラマチにて「黒田勘兵衛と日ノ本戦国絵巻」
2014,7,31〜9,7 岡山県立博物館にて『岡山の城と戦国武将』
2014,11,25 大阪天王寺区たかつガーデン『真田幸村と大阪の陣武将絵巻』
2015,10,1〜31 宮城県白石市「白石城天守閣」にて「大阪の陣に夢見た男たち」
2016,1,7〜12 渋谷東急本店にて『レジェンド 真田幸村展』
2016,6,8〜20 阪急うめだ本店にて『真田幸村の世界展』
2016,10,8〜25 岡山県美作市 武蔵の里にて『MUSASHI vs SAMURAI HEROES』
2016,12,14〜16 ベルギー日本国大使館にて『MUSASHI vs SAMURAI HEROES』

最近のイベント〈メーンビジュアル〉
2013年 滋賀県長浜市『戦国歴史アワードin長浜』
福島県会津美里町『天海さんまつり』
2014年 愛知県名古屋市『あいち合戦ワールド』
NEXCO西日本「黒田勘兵衛スタンプラリー」
2014〜15年 大阪市『天王寺真田幸村博』
大阪城天守閣前広場『大坂ノ陣合戦祭り』
2015年 東京スカイツリータウン・ソラマチ「三日月に祈る∞戦国の麒麟児 山中鹿介」
大阪なんばマルイ 戦国武将列伝フェア 第一章「真田幸村の謎」
愛知県名古屋市『東海合戦ワールド』